1. ホーム
  2. 岡山市の税理士のウェブログ
  3. ネット銀行とネットバンキングサービス
岡山の税理士のウェブログ

ネット銀行とネットバンキングサービス

2019-08-10

◆ 存在感を増してきたネット銀行

ネット銀行とは、実店舗が極端に少なく、取引を主にインターネット上で行う銀行です。

金利が若干高い、振込手数料が実店舗のある通常の銀行よりも安いことが多い、基本的には24時間使える、提携カードの特典が良い等、「実店舗がない」というコスト抑制を強みに年々個人取引だけでなく、法人取引でも存在感を増してきています。

預金残高も増大し、ネット銀行大手では「地方銀行よりも預金残高が多い」というところも出てきています。

メガバンク等にもネットバンキングサービスがあります。

ただし法人の場合、こちらは月額利用料を取られますし、24時間営業というわけではありません。

あくまで補助的なサービスとして位置付けられている印象を受けます。

◆ 資金繰りを考えた時には……

上記のように書くと、法人の取引でもネット銀行をお勧めしているように見えますが、実はそういうわけでもありません。

圧倒的な差が出るのが、企業に対する融資です。

ネット銀行各社も着手に向かっているようですが、中小企業に対して積極的な貸付けを行っているネット銀行は少数です。

一人親方的な会社で、ほぼ現金商売のみで完結できるミニマムな会社であれば、ネット銀行をメインバンクに据えるメリットは多々ありますが、ある程度の規模の会社ですと、どうしても資金繰りで融資を検討する局面が出てきます。

その際に、実店舗を持つ銀行との付き合いがあった方が良いと言えます。

また、ネット銀行には「担当者」が存在しないことがほとんどです。

営業であれこれ言ってこないというのはメリットではありますが、半面、お金周りのことを気軽に話せないのはデメリットとして数えられるかもしれませんね。

◆ 会計ソフトの連動等も視野に入れて

また、最近の会計ソフトには、ネットバンキング等の取引データを仕訳として取り込んでくれる機能があるものも多くなっています。

視点を変えれば、手数料が安く抑えられる振込代行サービス等もあります。

金融機関を新たに選定する場合は、振込手数料の高低も重要ですが、取引先への印象や資金繰り、経理等付帯業務の効率等、多方面から金融機関を評価すべきでしょう。