経営者の方へ

   経営者の皆様、経営相談を税理士事務所に相談できていますか?

「単に税金の申告をするだけでなく、税金の仕組みや
会社経営に役立つことを教えてもらいたいなぁ」

「こうしたほうがいいよ、とか
適切にアドバイスをくれる税理士がいいなぁ」

   さらに具体的には・・・

今、会社がどうなっているのか?このまま行ったらどうなるか知りたい

自分が望む年収を得るにはいくらの売上が必要かを知りたい

後継者に継ぐ前に、自分の会社をピカピカにして渡したい

かかりつけ医のように身近な相談相手がほしい

試算表を経営に役立つ資料として活用し、ビジネスのヒントを得たい

   ぜひ稻田会計事務所にご相談ください。 一緒に会社の数字に強くなりましょう!

経営相談

   数字に強くなることで、
目標の設定がしやすくなる
合理的な決断がしやすくなる
資金繰りや銀行交渉に強くなる
   といった効果も期待できます。

   黒字化とキャッシュフローの改善に力を入れています
   税金・会計・経営等に関する情報を日々発信中!!
   >>>  岡山市の税理士のウェブログ

まずはお気軽にご相談下さい。電話086-250-6266

事務所からのお知らせ ~令和4年5月~

   ホームページをご覧頂き、有難うございます。
   若葉が目にまぶしい季節になりました。 季節の変わり目でございますので、お身体を大切になさってください。 当月も宜しくお願い申し上げます。

<岡山市のおすすめ税理士について>

●当事務所はビジネスマッチングサイトにて、岡山市のおすすめ税理士9社に選ばれております。

   比較ビズ → → → 岡山市のおすすめ税理士9社を徹底比較

●当事務所は優良業者・専門家の比較・紹介サイトにて、岡山県で評判のいい税理士事務所おすすめ5選に選ばれております。

   STRATE[ストラテ] → → → 岡山県で評判のいい税理士事務所おすすめ5選

令和4年2月

<初回相談について>

   当税理士事務所では、初回相談は完全予約制となっております。 なお、情報の行き違い等による誤解をなくすため、 また必ず税理士が対応させていただく都合上、 ご相談は、原則面談形式となります。相談に関するご契約者様を除き、 電話やメールでの税務相談(情報提供やアドバイス)は行っておりません。(業務内容等に関するお問い合わせは、電話等でご確認いただけます。)何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

>>>  初めてご相談頂く方へ~初回相談の詳細:ご予約はこちら

(注)税理士法第52条に基づき、税務相談は、有償・無償を問わず税理士以外の者が行うことができません。 無資格者による相談ではなく、当初回相談は必ず税理士が対応させていただきます。

ただ今無料相談実施中

<経営革新等支援機関の認定を受けています>

経営支援

   当事務所は、中小企業経営力強化支援法に基づき、中国財務局・中国経済産業局の認定を受けている「経営革新等支援機関」です。
(※)当認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、経営革新等支援機関として認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。

<各社会計ソフトに対応しています>

   ご依頼の業務内容によりますが、弊所は税理士都合による特定の会計ソフトメーカーへの一方的な押し付けをできるだけしないよう、 自社で入力をされているお客様が、すでにお使いの会計ソフトをそのままお使いいただくことも検討・尊重しております。
   MJS(ミロク)、エプソン、勘定奉行、マネーフォワード、PCA会計等、約10程度の会計ソフト、 一定の条件を満たす機能があるソフトであれば、国内主要メーカーの会計ソフトに対応可能です。 詳細はお問い合わせ頂ければと思います。

<各種連絡手段に対応しています>

   メール、FAX、チャットワーク、LINEなど主要な連絡方法に対応しております。 現在弊所が対応していない連絡手段であっても、ご希望の連絡手段を対応可能か検討させて頂きます。
   重要データの送付につきましては、オンラインストレージサービスを利用し、 1)アクセス履歴の確認、 2)国内データセンター利用、 3)SSL(Secure Sockets Layer)通信、 4)オンラインストレージへ登録する際のウイルスチェック、 を行っております。

<会計ソフト入力代行業務の受付を行っています>

   会計ソフト入力代行業務、いわゆる記帳代行業務の業務受託を行っております。
   会計ソフトへの入力事務負担でお困りの企業様はございませんか。 入力事務をアウトソーシングすることで、本業に集中し、御社の生産性を高めることができる可能性があります。 (但し、入力代行業務で使用する会計ソフトや給与ソフトは、弊所指定メーカに限ります。)

当事務所の業務方針

経営者が安心して業務に専念できるよう、
財務会計の視点から全面的にサポートします。

お客様の目線に立って、丁寧な説明を心がけます。

相談しやすい税理士・会計事務所を目指します。

法令を遵守し、税理士としての使命を全うします。

○○税専門税理士といった特定の税目に特化するのではなく、
幅広い分野を勉強します。 医療業界でいう総合病院ではなく、
かかりつけ医のように身近にいて頼りになる税理士を目指します。


岡山市の税理士

   弊事務所は的確なアドバイスを通じて、安心感を提供したいと考えている税理士事務所です。 最新(正確な)情報が手に入るという安心感。合理的な決断ができるという安心感。信頼できる人に気軽に相談できるという安心感。自分の仕事に集中できるという安心感。
   弊事務所の欠点は、正直なところ、小規模な事務所だということです。 これは、規模を追わない堅実経営をしているためでもありますが、 しかし小規模だからこそ、お客様一人ひとりに、ご期待以上のサービスを提供したいと考えています。

当事務所の10の特徴はこちら >>     起業された方へ >>     税理士をお探しの方へ >>

今月の経営のヒント~2022年5月~【「満足」と「不満足」の複雑な関係】

   鎖国を続けていた日本にペリーが来航した19世紀。 世界ではイギリスを中心とした欧米諸国で産業革命が急速に進み、個人の生産効率を最大限に発揮することが重要だと考えられていました。 いつの時代でも、個人の生産効率が商売を左右する状況は変わらないようです。では個人の生産効率は何に左右されるのか。 今も昔も、会社の業績を支えている要素のひとつは社員のモチベーションではないでしょうか。 ある調査によれば「やる気にあふれる」社員の生産性は、単に「満足している」社員と比べて約2.3倍高いという結果も出ています。
   話を19世紀に戻して当時、フレデリック・ハーズバーグというアメリカの臨床心理学者が 「何が人をやる気にさせるのか」という研究をして「モチベーション理論」を提唱しました。 その理論によれば、人に「満足をもたらす要因」と「不満足をもたらす要因」は必ずしも同じではない。 しかも満足をもたらす要因が満たされるとモチベーションは上がるけれど、不満足をもたらす要因を満たしても、 不満足の解消になるだけで満足感やモチベーションが上がるとは限らないことを明らかにしたのです。 気になるのは「満足をもたらす要因」の内容です。お金か、肩書か、休みか、人間関係か。実はこのどれでもあ りません。人に満足をもたらすのは、達成感、評価、責任ある立場、昇進、成長 などで、つまり仕事そのものや仕事から得られる精神的な成長が満足につながり、 やる気を引き出すそうです。一方、不満足をもたらす要因は、給与、福利厚生、 経営方針や管理体制、同僚や上司との関係など。ここから分かるのは、給与が低 ければ不満になるけれど、給与を上げても不満が解消されるだけで社員のやる気 にはつながらないという、経営者をガックリさせる話です。これをご自身の商売 に当てはめてみてください。コロナ禍で大変なときは売り上げが上がればすべてうまくいくと思いがちですが、 状況はそれほど単純ではなさそうです。コロナは一種の産業革命だという見方もあります。 何が自分のやる気になるか。中長期的な視点で考えてみたいものです。

2022年5月の税務

5月10日
●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

5月16日
●特別農業所得者の承認申請

5月31日
●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知
●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
●9月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の2月、3月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(1月決算法人は2ヶ月分、個人事業者は3ヶ月分)<消費税・地方消費税>
●確定申告税額の延納届出に係る延納税額の納付

○自動車税(種別割)の納付(5月中において都道府県の条例で定める日)
○鉱区税の納付(5月中において都道府県の条例で定める日)

相続税に関するインフォメーション

相続税についてお気軽にご相談ください

<私たちの事務所の相続税申告に対する考え方について>

    私たちが重要だと考えていることは、依頼者である相続人の方々と、相続税申告書を作成・署名する税理士自身ときちんとコミュニケーションがとれること、 相続人自身が申告内容をきちんと理解することにより、相続人の皆様にとって円満な相続税申告をすることです。 私たちは単に事務的に相続税申告の数をこなす税理士事務所ではなく、相続人の方とのコミュニケーションを重視した相続税申告を行うよう心がけています。 是非お気軽にお問い合わせください。

<相続税の申告は必要ではありませんか?>

   各相続人が法定相続分どおりに相続財産を取得した場合には、下記表のような相続税が見込まれます。
   相続財産には現金のほか、土地や自宅建物などの不動産、株式、生命保険金、死亡退職金、その他一定のものが対象となります。 また、相続財産(資産・負債)の金額は、税務上定められた一定の評価方法で評価する必要があります。
   相続税の申告が必要なのか等、ご不明な方・お困りの方はご相談ください。 相続発生後の初回相談は無料です。

相続税の申告は必要? ~申告要否の簡易判定シート(国税庁) >>

弊事務所へのご相談・ご予約はこちら >>

<相続税額早見表>・・・法定相続分どおりに相続した場合
(注)下記表の税額は、相続人全員の税額の合計額概算金額(万円未満四捨五入)となります。

税制改正案

(注)法定相続分とは
配偶者+子1人・・・配偶者2分の1、子2分の1
配偶者+子2人・・・配偶者2分の1、子4分の1
配偶者+子3人・・・配偶者2分の1、子6分の1
配偶者がいない場合・・・子が等分します。

事務所ご案内図・周辺MAP

【お車でお越しの方】
   JR岡山駅から車で約13分(5.1Km)
   岡山バイパス(2号線倉敷方面からは)米倉から車で約5分(1.9Km)
   岡山バイパス(2号線西大寺方面からは)新保から車で約6分(2.1Km)→ 青江は大変混雑するため、新保又は米倉交差点を経由するほうが通常早く着きます
   建物入口正面にお客様専用無料駐車場有り→広くて停めやすい駐車場です(下記地図画像をクリックすると、駐車場見取図が開きます)

GoogleMAPで見る

事務所案内図

まずはお気軽にご相談下さい。電話086-250-6266