1. ホーム
  2. 求人情報(正社員)

     パート・準社員求人情報はこちら >>

正社員募集中~当事務所で働くことで得られるメリット

国の政策や世の中の動きをみることで、自分の生き方を自ら選択できるようになります。

税金をはじめとした社会の様々な制度を理解することで、損をしない賢い生活がしやすくなります。

知らないことで損をしてきた人生を変えることができるようになります。

様々な中小企業の社長と接することで、様々な考え方を学ぶことができるようになります。

黒子としてお客様をサポートしますが、お客様と喜び・悲しみを分かち合えます。

当事務所からのメッセージ

   私たちの事務所は、社員満足度や社員幸福度が大切だと考えておりますが、これはそれぞれ別物と考えております。 社員満足度のモノサシで、労働条件としての給与金額や福利厚生、残業の少なさ、休日日数をアピールする会社も多くありますが、当事務所は(どちらも大事ですが)社員満足度より社員幸福度を重視しています。 社員幸福度は、定量化しにくく見えにくいものですが、例えば「職場の人間関係がよい」「成長を実感できる」「安心感がある」「働きがいがある」等がモノサシです。 社員満足(給与や休日日数など)は定量的なものの為、それらは高めても一時的な満足になってしまうケースもあり、慣れてしまうと欲求がさらに高まり、最終的に満足度が下がる可能性があります。 しかしながら社員幸福(幸せ)は、何度でも同じような状態で感じることができます。 何のために働くのか、働きがいは何かを一緒に考えていきましょう。

正社員の声~男性スタッフ

   私は税理士になるべく勉強中で、実務の経験を積む必要があると考えたため、 まず税理士事務所に就職しようと思い求人に応募しました。
   その当時、簿記の知識はありましたが、会計や税務の実務経験はありませんでした。 そんな中で採用していただけたので、稻田会計事務所に就職を決めました。
   事務所に入った当初は、事務所内での入力作業が中心でしたが、徐々にクライアント企業へ訪問するようになり、 お客様である社長から仕事で感謝されることが嬉しく、その点が一番の働きがいだと思います。
   稻田会計事務所に就職をしてよかったことは、ほとんど残業が無く定時で上がることができ、 繁忙期を除いて土曜の出勤もほとんどありません。 土曜日の出勤も、急な出勤ではなく年間カレンダーであらかじめ決まっているので、様々な計画が立てやすいです。 私の場合、税理士試験に向けて勉強をする上で、自分の時間が確保できることは大きな魅力となっています。

正社員の声~男性スタッフ

   私は以前も税理士事務所に勤務しておりましたが、より自分に合った事務所をさがしており求人に応募しました。
   面接の際に、こちらの質問や不安に感じていることに対して一つ一つ丁寧に答えて頂けたことが決め手となり稻田会計事務所に就職を決めました。
   事務所での業務内容は、クライアント企業への訪問を中心に、事務所での入力業務等も行っております。
   稻田会計事務所に就職して良かったことは、面接の際に質問したことの答えがほとんどその通りに行われていることです。また残業が少なく繁忙期以外はほとんど定時で退社することができるので自分の時間を確保しやすく、勉強やプライベートの計画を立てやすいことです。定時に退社が多いことで、体への負担が少なく勤務できることも良いポイントだと思います。

正社員の声~女性スタッフ

   私は特に税理士事務所に就職しようと決めてはいませんでしたが、 求人を見て前職での経験や子育て中に取得した簿記の資格を活かせると思ったので税理士事務所に応募しました。
   当時は子どもが小さかったので、勤務時間や休日などの条件が希望と合っていたことと、 若い先生だったので長く勤められると思い稻田会計事務所への就職を決めました。
   稻田会計事務所に就職して特によかったことは、子どもの行事などで休みを配慮してもらえること、 残業がほとんどないので家庭との両立がしやすいことです。 子どもが大きくなった今では自分の時間も持てるようになり、プライベートも充実しています。

求人情報(募集職種:内勤事務→財務コンサルタント)
☆税理士事務所勤務経験不問・応募可☆

   稻田会計事務所では一緒に働ける仲間を募集しています。応募をご検討頂ける方は、このペーを最後まで是非ご確認をお願い致します。
   ↓↓↓ご応募お待ちしております↓↓↓
   ・他の求人媒体と下記求人条件が異なる場合は、ホームページ記載の最新求人条件を優先させて頂きます。 ご容赦ください。

【 新型コロナウイルス感染症対策について 】
   社員の健康を考慮し、弊事務所では下記の対応を行っております。
<事務所内でマスク・アルコール消毒剤を使用>
<常時換気扇使用及び定期的な窓開閉による換気>
   また、面接では応募者様・面接者両者ともにマスクの着用・テーブル・椅子等の消毒を徹底し対策を行なっております。

就業場所 岡山市北区今村651番地103(車通勤可・広々駐車場完備)
募集業務内容 税理士事務所の業務のうち、記帳代行・試算表作成・決算書作成・税務書類作成等の補助業務
業務要綱    将来的に、顧問先に対して税務会計の視点から経営アドバイスを行う経営支援型財務コンサルタントを目指して頂きます。 税理士事務所勤務未経験の場合、その財務コンサルタントの仕事を行うための基礎・土台作りのため、まず入社1~3年間は内勤事務を行っていただきます。 その間はパソコンを使用して、伝票や会計帳簿から会計ソフトへの入力、出勤簿等から給与計算業務を行っていただくことが主な仕事となります。
   その他電話対応、書類整理なども行っていただきます。
   事務所内で発生する業務全般を行っていただきますが、小さな事務所なので諸雑務を含めて幅広い業務を行っていただきます。
就業時間・休日 ・原則 9:00~18:00/休憩60分
   勤務時間については、ある程度個別の事情に応じて相談のうえ決定させて頂きます。
・休日 > 土日祝(事務所カレンダーに基づき、繁忙時期以外は完全週休二日制です)
   残業はほとんどなく、年間の残業時間は少ない社員で1か月平均1時間(年間10時間)程度、一番多い社員で1か月平均5時間(年間60時間)程度となっております。 業界独自の繁忙期やお客様からの急なご依頼がある場合がありますが、本人努力とスタッフ間協力により、限りなくゼロを目指しております。
募集要項 ・雇用形態 > 正社員
・賃金 > 約18万円~約25万円(基本給+業務手当)程度。経験等を考慮し、事務所規定によります。
・昇給 > あり(過年度実績昇給月額10,000円~50,000円)。 資格や経験の有無ではなく、本人の目標達成度や特に事務所の業績貢献を重視します。
・賞与 > あり・年1~3回(勤続年数と業績貢献に応じるため、入社1年未満等の方は支給しない場合があります。)
・通勤手当 > 実費(上限あり)
・その他の手当 > 誕生日手当や各種手当を業務内容により付与します。
・その他 > 希望者には有償(430円/日)で給食(昼食・・・国産のお米・有機減農薬野菜を使い、保存料・着色料不使用で健康的です)がありますので、お昼休みはゆっくりと事務所で休めます。
・社会保険 > 労災・雇用・健保・厚生年金
・試用期間 > あり(原則3ヶ月)/試用期間中は、これまでの職業経験に応じて賃金が最大10%程度少なくなる場合があります。
・採用人数 > 1名
・必要な経験 > 税理士事務所での勤務経験は不問(未経験者大歓迎)ですが、一般企業等での総務・経理の実務経験2年程度以上あることが望ましいです。 ★おおむね35歳未満の方を優遇いたします!
・必要なスキル > パソコンの使用頻度が高いので、ワード・エクセル等は問題なく使用できること。 メールや電話等であっても、お客様と円滑なコミュニケーションが取れること。
・必要な資格 > 普通自動車運転免許、日商簿記3級以上又はそれに準ずる経験
代表から一言    自己学習や自己啓発など、正直言いますと私自身は仕事が好き(趣味)なので長時間「仕事」をしていますが、長時間「労働」が美徳だと考えておりません。 そのため、定められた業務量を定められた時間で行っていく必要がありますが、 事務所メンバー全員で協力し、チームワークと知恵で乗り越えていきたいと考えています。 仕事は一人、個人プレーで完結できるものではありません。私は仕事で大切なことの一つはチームワークだと考えています。 例えば確定申告時期等、業界独特の繁忙期はありますが、 そのような時期であっても自分の仕事の範囲を決めつけず、全員で一丸となって業務を行っていけるような組織を目指しています。
   日本企業の99%は中小零細企業です。 当税理士事務も零細企業者ですが、多くの中小零細企業の様々な意思決定のサポート行うこと等、 大企業では行わない中小企業経営者の方に対する地道なサポート(中小企業の一番身近な相談相手となる)業務を主に行っています。 職業に誇りを持ち、お客様の役に立つことを喜びとし、稻田会計事務所に出会えてよかったと言ってもらえる事務所を目指しています。 ご応募お待ちしております。
求める人材    ①素直な方、②学ぶのが好きな方、③チームワークで仕事ができる方、④常に変化に対応できる方、⑤感謝の気持ちを大切にする方。
   短期の勉強と考える方は、ご応募ご遠慮ください。 仕事ばかりではなくプライベートの時間も重要だと考えておりますが、いろいろな仕事にチャレンジし、弊事務所と一緒にご自身の成長をさせたい方を募集しています。
   私たちの仕事は、お客様が一生をかけた仕事のフォローをする価値ある仕事だからです。
備考    入所時期は相談のうえ決定させて頂きます。また仕事内容により、グループ法人の業務を出向にて行って頂く場合があります。
(※)社会保険のうち健保・厚生年金は、勤務形態によって各種法令等を考慮し、一定期間終了後の加入とさせて頂く場合があります。

よくあるご質問

  1.    事務所はどのような特徴がありますか?
       少人数の事務所で、スタッフ同士のチームワークが良い事務所だと思います。 基本的に多くの仕事は、ダブルチェック体制のスタイルとなっています。 クライアントは法人顧客がメインです。 顧問業務・経営相談に力を入れていますが、小さな事務所なので、雑用や事務処理等の仕事をして頂くこともあります。 各人の希望や能力に応じて各種コンサルティングまで幅広い業務を行う事務所です。
  2.    残業はありますか?
       残業はほとんどなく、年間の残業時間は少ない社員で1か月平均1時間程度、一番多い社員で1か月平均5時間(年間60時間)程度となっております。 確定申告時期の繁忙期に一番残業が多い正社員の月間残業時間は30時間強程度です。 業界独自の繁忙期やお客様からの急なご依頼がある場合がありますが、本人努力とスタッフ間協力により、限りなくゼロを目指しております。
  3.    有給消化率を教えてください。?
       有給消化率は、女性社員はほぼ100%ですが、男性社員は女性社員よりかなり低くなっています。 しかしながら、男性スタッフにも積極的に有給を取るように所長自ら声をかけており、有給の取りやすさは(岡山県)業界屈指だと自負しております。 年間休日が少ないという事務所内スタッフからの声も一部ありますが、逆に有給は繁忙期以外は比較的取りやすく、会社から決まった日(主に土日祝)に休みを与えられるのではなく、 自らの意思と選択で休みを決めることができ、平日に行いたい個人の趣味やデートなどに使えると好評な声もあります。
  4.    年間休日は何日ですか?
       弊事務所の年間休日は107日です。(年間カレンダーによってあらかじめ出勤日が決まっています。) 世間では休日が多いことをアピールしている求人がありますが、年間休日には休日を多く表示させるカラクリがあります。 例えば、年間休日が120日で、月平均残業時間が24時間(約2時間/日)の会社があるとします。 一日8時間勤務だと仮定すると、24時間は3日分に相当するので、3日×12ヶ月=36日の年間出勤日に相当します。 そうすると年間休日が120日だとしても、実質的には120日-36日=84日しか休みがないことになります。 弊事務所の場合は、年間残業時間が一番多い人で60時間程度なので、年間休日が120日の会社より相当に年間労働時間は少なくなります。 毎日多くの残業してでも休みの日を多くとりたいとお考えの場合は他社をお勧め致しますが、 (そもそも1日当たりの労働時間を多くするなど、残業をしても集中力が下がり生産性が悪くなるだけと思われますし、) 計画的に仕事を行うことや、残業を少なくして日々の疲れをため込まない等、メリハリをつけた総労働時間を重視する方は弊事務所に向いていると思います。 ましてや、月平均残業時間が何十時間という会社もあるようなので、休日だけではなく(拘束時間を含めた)労働時間という点を考慮されるとよいかと思います。
       なお、当事務所の代表税理士は、学生時代に陸上競技(100M走は10秒台でした)をしていましたが、その時に学んだことは疲れを取る方法ではなく、疲れを蓄積させない方法でした。 疲れを蓄積させないこと=残業を少なくすることと考えております。つまり、労働日数と労働時間のバランスが大事だと考えております。
  5.    繁忙期は有りますか?
       弊事務所は11月~3月が繁忙期です。 9月決算(11月申告)法人が最も件数が多く、12月以降は年末調整や12月決算、そして個人確定申告となる為、3月までが繁忙期です。 また、今のところ3月決算法人はそこまで多くない為、3月が終わると一旦落ち着きを取り戻すような感じです。
  6.    出張は有りますか?
       基本的にありません。以前は県外のクライアントもいくらかありましたが、現在は少しだけです。 但し、県外で開催されるセミナー等に参加して頂く可能性はあります。
  7.    転勤は有りますか?
       基本的にありません。 事務所が将来移転をしたりすることはありますが、岡山市内への移転を原則としています。 基本的に転勤がなく、残業も少ない職場のため家庭と仕事の両立をされたい方には適した職場だと思います。

お問い合せ

お問い合せ

   メールの場合は、下記フォームよりお問い合せください。

必須
必須 (カタカナ)
必須
【記入例】 123-4567
必須
【記入例】 ○○県△△市□□区1-2-3
必須
【記入例】 12-3456-7890
必須 (半角英数字)
必須